読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017 のんびりSFC修行

今さらですがSFC修行やってみます。東北の田舎暮らしなのでコスパわるわるです(><)

なんでSFC修行の道に

SFC修行を何で始めたのか?

それは単純に楽しいから何だと思いますが、やっぱり誰でも気軽に始めるようなものでもないと思います。

私なんか2016年のはじめまで「SFC」なんて言葉も飛行機に乗る「修行」があることも知りませんでした。

それがなんで?

考えてみるといくつかの出来事が偶然同じ時期に起きたからのようです。

 

SFC修行を始めるまで

SFC修行に興味を持つ前からANAカードを持ち、支払いは極力カードにしてポイントを貯めてマイルに移行するということをしていました。

過去に数回特典航空券を発券したこともあります。

ただ、そこまででした。

特典航空券航空券しか考えていなかったので、ANASKYコインが始まった時はロクに調べもせず「めんどくさそうなことが始まったな」くらいしか思っていませんでした。

 

それが何で。。。

 

きっかけは、会社の強制有給休暇取得、マイルの有効期限、シンガポールに行きたい、そしてANAJCBのアップグレードのお知らせが来た!の4つが偶然にも重なったことです。

 

脳内の思考の軌跡をたどるとこんな感じ。

1週間の有休取得→じゃあ海外に行こうかな→前年にいったシンガポール良かったなまた行きたい! 

 

最初は特典航空券で往復することを考えたのですが直行便で特典分に空きがない。

すでに上級クラスのマイレージ会員様に押さえられてたのですね。

次は、ビジネスに乗れるのかな?と調べると片道なら何とか。

だけどホテルのランクを下げたり日数を減らすか。。。など調べてるうちに「旅作」に辿り着き、そして「旅作」にSKYコインが使えることがわかりました。

そして、カードの種類などによってマイルからSKYコインへの交換レートが変わることに辿り着きました。

 

ANAJCBのアップグレードに関してはシンガポール行きを考える前にはDMが届いていましたが年会費が高くなるので考えていませんでした。

でも、一瞬、限定デザインでいいなぁと思ったので即ゴミ箱行きにならずDM置いてました。

結局、カードのアップグレードを申し込みました。マイレージだと1マイル1円だけどゴールドカード会員がマイルからSKYコインに替えると1.6倍!

 

それでも、年会費がなぁ。とか、1.6倍になってもマイレージもうちょい欲しいなぁとか悩んみながらネットの海を漂ってました。

 

そして、漂ってるうちに有名なブログ「ANAとマイルのパパじゃない」に辿り着きました。読んでると自分でもできそうな気がしてきますね。

まずはハピタスとポイントタウンに登録をして、ソラチカカードを作りました。

それでも、この時点ではまだ目先のシンガポール旅行の資金調達しか考えていませんでした。

おかげさまでマイルの上積みもできて楽しいシンガポール旅行に行くことができました。エコノミーですが往復ANAでインターコンチネンタルシンガポール3泊を全部SKYコインで賄えました。

 

ただ、そこで終わらなかったんですよね。当然ブログを読み込んでいくとSFC修行のお話がいっぱい出てるわけです。読んでると楽しそうなんですよね(笑)

修行といいながらも飛行機に乗ってあちこち行って、プレミアムポイント単価を気にしたりしなかったり。

「とにかく楽しそう!」

完全に影響を受けてしまいました。

とどめは当初の目的のシンガポール旅行で4900PPが付いたことです。

結果的には2016年後半はとにかく忙しいのとシンガポール旅行にマイレージを投入しきってしまい出かけることはできませんでしたが、ポイントサイトでせっせとカード発行をしたりFXの口座を作ったりして修行に向けて充電をしてました。

(4900PPはもったいないことにはなりましたが)

 

諸先輩方と違うところはズボラな性格のためポイントサイトから年間20万マイルは作れなさそうなこと、マイルのために作ったFX口座で少し損をするなどおっちょこちょいなところです。

あとは急に仕事が忙しくなって3月中の解脱は難しそう(涙)

でも、1年前にはこんなことをしているとは夢にも思っていませんでした。

 

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

20170210 OKA NRT ー3分の2はSFC無関係旅行記ー

SFC修行

今回の修行旅は那覇宿泊です。

前日3レグをこなしましたが本日は那覇ー成田のみで出発は11時55分予定。

 

空いた時間は観光を

少し時間があるので、ホテルを早めに出て朝ご飯へGO!

目指すは「ポークたまごおにぎり本店」

注文したのはごくシンプルな「ポークたまご」

f:id:norimonodaisuki:20170210235705j:plain

朝は揚げ物の注文ができないとのことです。でも、シンプルで美味しかったです。

 

その後は首里城をサラッと見てモノレールで空港へ移動です。

前回、沖縄そばを食べたとき隣の人が頼んでたソーメンチャンプルーのことを思い出してターミナル4階の天龍さんへ。

メニューも見ないでソーメンチャンプルーを注文した後に海ぶどうのことを思い出して追加注文。昨日のことを学習していないです(汗)

f:id:norimonodaisuki:20170211000946j:plain

f:id:norimonodaisuki:20170211001025j:plain

 初海ぶどう!プチプチ食感が良くて気に入りました。

修行でまた沖縄に来る予定ですので間違いなくまた食べます!

 

食欲を満たしていよいよ保安検査場へ向かいANALOUNGEへ。

それほどLOUNGE経験があるわけではありませんが那覇のLOUNGEは飛行機の離着陸同様いつも混雑気味のようです。

オレンジジュースを飲みながらブログの下書きをしているとアナウンスが。

ANA2158便到着機材の遅れで10分遅延の予定とのこと。

西日本を中心に天気も荒れ気味なのでしょうがないですね。

もはや、10分くらいは遅れと認識しない私がいます(笑)

そしてラストフライト

31番搭乗口からお子様連れ、妊婦さん、ご高齢の方、Diamondメンバーに続いて搭乗です。

今回のシートは2Cです。

この便もプレミアム旅割28です。ついこないだまでプレミアムクラスと無縁でしたが生意気にもテキパキと荷物を片付け、靴をスリッパに履き替え、新聞を頼み、ブランケットを膝に掛けることがスムーズにできるようになった気がします(笑)

あくまで気がするだけです(笑)

 

そして、余裕が出てきてあることに気がつきました!

あっ!この人、昨日の成田から那覇で隣に座ってた人!

前日、なんとなくそんな気がしていました。

「この人絶対に修行僧だ!」

当たった!と思ったのですが、ホントに修行僧かは話しかける勇気もありませんので確かめようはありません(笑)でも、間違いないと思います。

何故って、私服で成田ー那覇を1日で往復する人なんてねぇ(笑)

なんて、自分のことをほって考えてるうちに離陸です。

 

PuremiumGOZENのランチだぁ!

私の食レポは美味しい!また行きたい(食べたい)!ノーコメントの3つかな。

今回も美味しく頂きました。

f:id:norimonodaisuki:20170211223557j:plain

f:id:norimonodaisuki:20170211223613j:plain

暖かいお茶を頂き、珈琲を頂き、黒糖アイスは登場せず。成田空港に向けて着陸態勢に。

日本の空港で一番長いA滑走路に無事に着陸です。

そして、ターミナルへのバス移動です。

f:id:norimonodaisuki:20170211223642j:plain

f:id:norimonodaisuki:20170211223657j:plain

今回の修行はここまでなのですが、私の自宅は関東ではありません。

福島への直通バスがあるので使ってみました。

15時35分出発で福島駅西口に20時50分到着予定のロングラン。

これこそ修行です(汗)

ちないに乗車時にお客さんが私以外には1名!ほぼ貸し切り状態です。

まあ、空いてるのでシートは遠慮無く倒します。

コンセントも付いてるのでスマホの充電も問題なし!途中で千代田PAと阿武隈SAで休憩をして郡山駅からは貸し切りでした。

今日はたぶん赤字ですよね。。。また是非使いますので廃止になりませんように(祈)

f:id:norimonodaisuki:20170211223710j:plain

 

そして今回の結果

羽田ー那覇 PP2860

那覇ー羽田 PP2860

成田ー那覇 PP2860

那覇ー成田 PP2860

92,960円(内SKYコイン8,740)

PP単価 8.13

 

次回は石垣島でオニササを食べる予定♩

20170209 OKA HNDからのNRT OKA

SFC修行

修行2回目の2レグ目。

通算4レグ目は那覇空港から羽田空港へのANA996便です。

ただその前に小腹が空いて空港食堂へ。

 

腹ごしらえ

先日、沖縄そばは食べたし・・・ということでタコライスに!

f:id:norimonodaisuki:20170210114309j:plain

基準がよく分かりませんが美味しかったです。取り合わせが微妙ですが味噌汁もついてます!

お弁当も販売しています。ケンミンショーで見たごはんが見えない弁当です(笑)

そして搭乗 

今回もプレミアム旅割28を使って座席は2Aでした。

 

優先搭乗の際、今まではDiamondメンバーで入る人って見たことなかったのですが今回はいかにもビジネスマン風の人たちがゾロゾロと入っていきます。

 

那覇空港は混雑解消のため2020年に向けて滑走路増設の工事をしています。今回も滑走路手前で海上保安庁機の着陸を先に通したりして10分ほど遅れての離陸となりました。

急ぐ旅でもないし・・・いや、今回は意外とタイトです。

何しろ、羽田に戻ったらそこから成田に移動して本日中に沖縄に戻るという修行的スケジュール。

離陸後、海上に大型客船が!

f:id:norimonodaisuki:20170210113704j:plain

船旅もいいですよねぇ。

今回も気流の関係でベルトサインが消えるまで少し時間がかかりました。

CAさんも大変です、急いでる雰囲気を出さずにPuremiumSABOの提供です。

ただ、先ほどのタコライスがまだおなかのなかに。。。

分かってはいたのですが配分が難しいですね。だいたい1日に何度もプレミアムクラスに乗ることも想定してないのであくまで自己責任です(笑)

SABOを食べきったところで次に本日2度目の黒糖アイスの登場!

西から関東に向かう場合、風邪の関係で飛行時間が短いですよね。

そして、アイスが硬い。。。。あと10分で着陸態勢。。。。

たぶんですが隣の人も同じ状況だったと思います。一生懸命食べきり着陸に備えることになりました。

 

さて、羽田空港到着後は18時15分のANA2159便のために成田空港に移動です。

楽なのはリムジンバスかなと思いつつも、首都高の渋滞状況によってはなどと考えて電車移動も考えていました。さらに私が成田空港を使うのがはじめてなのでいろいろ余裕が欲しいなぁなど考えている内に着陸態勢に。

 

風向きなどもあるのでしょうが私が西日本方面から羽田空港に着陸するときはほとんど館山から東京湾周辺をぐるっと回って北側から着陸することが多かったのですが、どうやら今日は館山から東京湾を横断して南側から着陸するようです。

機長が アナウンスで「安全の範囲内で急ぎます」って言ってのですがそれと関係あるのでしょうか。

着陸時は雲がかなり低いところまでありギアダウン時点くらいでも外は真っ白でした。

雲が切れたと思ったら東京湾横断道路の川崎側入り口が見えてまもなく着陸。

 

成田空港へ移動

首都高の渋滞情報を見ると湾岸線は混んでないようなのでリムジンに決定です。

発券カウンターでチケットを購入(Suicaは使えません)して乗り場へ移動したら意外とお客さんが多くてビックリです。
まあ、私以外はちゃんと国際線に乗る人だと思いますが(汗)

コンセントがないのがちょっと残念というのは贅沢でしょうか。

15時50分に出たバスは予定通り17時05分に到着。

f:id:norimonodaisuki:20170210173333j:plain

 

成田デビューとANA ARRIVAL LOUNGE

祝成田デビューです。乗るのは国内線ですが(笑)

f:id:norimonodaisuki:20170210173456j:plain


下調べをしていなかったのでしばしフリーズしたものの何とか国内線出発方向に向かいました。「ANA ARRIVAL LOUNG」も発見!入ろうかと思ったのですがなにやらカウンターにたくさんの人が。。。こちらを見てる。。。
気後れしたのと保安検査場までの距離感も分からなかったので、いったん国内線搭乗の矢印に従って前進。

その後、保安検査場入り口も把握して逆戻りです。
入口の大人数は訓練生さんたちでした。
何気なくiPhoneの搭乗パスをかざしたのですがブブー!受付の人にiPhone渡して処理してもらい入室!

羽田のANALOUNGEとはだいぶ雰囲気が違いますね。
それに、みなさんのブログで見させてもらってましたが、おにぎりや一口サンドにパンの軽食がある!

すこし疲れ気味でノンビリしたかったのですが鮭と明太子を1つずつ頂いてそそくさと移動です(汗)

f:id:norimonodaisuki:20170210175015j:plain

f:id:norimonodaisuki:20170210175025j:plain

 

本日最終搭乗 -そして-

いよいよ本日最終搭乗のANA2159便です。

そして今回もプレミアム旅割28です。

搭乗口まで行くとバスでの移動とのことでした。沖止めだぁ!と思ったのですが結構雨が降ってて。。。

バス、動かないなぁと思ったら「機内整備が遅れてます。終わり次第出ます」とのこと。それでも5分も待たなかった気がします。

バスもすぐに出発。18時台の成田。いっぱい飛行機が並んでいます!

ドアクローズした正確な時間、覚えてないのですが18時20分にもなってなかった気がするのですが。

スリッパに履き替え、ブランケットも膝に掛け、もちろんシートベルトもしっかりして出発準備OKです。

が、動かない。

 

機内アナウンスが!

CAさんも座ってから何度もピンポーンで受話器を取っています。

再び立ち上がって水を用意したり飴を用意したり。

飛ぶ前に機長のアナウンスをはじめて聞きました(笑)

「当機は出発準備が整い管制からの移動許可待ちですが、この時間は離発着が大変多く現在の見込みだと18時55分頃になりそうです」

わおっ!18時25分頃だったっかな。CAさんやっぱり大変ですねぇ。

何度もピンポーンで受話器を取ってました。そして乗客への気遣い(汗)

結局動き出したのが19時過ぎです。そして、長ーい誘導路をゆっくり移動。窓からは次々と離陸していく飛行機が。外から見たらたぶん飛行機の大行列なんですね。

初成田で成田の混雑ぶりを思い知らされました。

離陸ははっきり覚えていないのですが19時25分頃だったかな。

 

調子に乗ってしまいました

今回も天気の関係でベルトサインが消えるまで少し時間がかかりましたがお楽しみの夕食タイムです。

PuremiumGOZEN夜版!2段です!容器が紙ではなくてプラスチックです!

f:id:norimonodaisuki:20170210182117j:plain

f:id:norimonodaisuki:20170210182120j:plain

 

お飲み物はと聞かれて、2段のお重を見てテンションが上がってるせいか

「調子に乗って」

f:id:norimonodaisuki:20170210182324j:plain

スーパードライを頼んでしまいました。

この後我が身に降りかかることも知らず「やっぱり気圧が低いから泡だらけになるのかなー?」なんてお気楽にそして、美味しく頂きました。

 

そして悪夢が・・・

気持ちよくGOZENを頂き3レグ目で多少疲れ気味でもあったのでシートを倒して目を閉じていたのですが。時間が経つにつれて「ん?頭痛が・・・」

しまった!頭痛持ちなのに薬持ってくるの忘れたー!

冷たいお茶を頂いたのですが改善することはなく、さらには心の中で

 

「気持ち悪い・・・」

 

これ以上は書きませんが、食べ過ぎと疲労時のアルコール摂取は気をつけねばと骨身にしみました

(人様にご迷惑はかけてはいません!)

 

ようやく到着!

到着予定が22時15分頃とのアナウンス。

予約したホテルのチェックインがたしか22時予定だったような。はじめて泊まるホテルなのでちょっと心配です。

右手に沖縄本島の夜景が見えて無事着陸です。

いやー。長かったぁーーー

f:id:norimonodaisuki:20170210184203j:plain

とりあえずホテルに電話してモノレールで移動です。

降機するときには頭痛は残っていたのですが気持ち悪さはほぼ解消していました。

ホテルに到着してチェックインの時に頭痛薬がないか尋ねたらないとのこと(涙)

まあ、安いホテルなので期待はしていなかったのですが、薬買えそうなところ無いか聞いてみました。

23時前に薬買えるところなんて普通はないですよね(汗)

そしたら、困り顔で「国際通りドンキホーテならあるかも」とのこと!

荷物を置いて、身軽になって出発です。

まずは晩ご飯を食べに(えっ?)

少しおなかがすいたのでモノレールの中でささっと調べてました。

ホテルから徒歩5分!

f:id:norimonodaisuki:20170210185028j:plain

ちゃんぽんです。

沖縄でちゃんぽんというと麺ではないそうです。

みかど風(メニューに書いてました)っていってもはじめてなのでどの辺が風かは分かりませんが美味しかったです。

この店24時間営業だそうです。他にもよさげなメニューもあるのでまた来たいなと思いました。

f:id:norimonodaisuki:20170210185047j:plain

f:id:norimonodaisuki:20170210185034j:plain

 

食べ終えた後は国際通りへ。0時前の国際通り大半の店が終了です。

もっと賑やかなのを想像していたので意外だったのですがこんな時間に薬を探してるやつに言われたくはないですよね。

最終的にはドンキホーテに辿り着き、無事に頭痛薬も購入(♩)

まっすぐホテルに戻り就寝時刻が1時でした。

 

明日は成田へ向けて通算6レグ目です。

 

2017 SFC修行 -20170209 HND OKA

SFC修行

いよいよ2回目のSFC修行の旅です。

通算3レグ目、本日の1レグ目は羽田を6時10分発の461便。プレミアム旅割28です。

 

早朝の羽田発は去年の秋にPeachで台湾に行ったときに経験をしています。

しかし、その際は国際線ということもあり前日(正確には日付は変わっていますが)夜中に羽田に乗り込んでロービーで夜明かしをした上で、チェックイン後はカードラウンジで出発まで時間をつぶしていました。

 

今回は1つ後の便にしたかったのですがプレミアム旅割28が取れず(涙)

国際線ターミナルでの夜明かしも覚悟したのですが、調べてみると地元発の夜行バスからリムジンバス乗り継ぎで間に合いそうだったので(雪や事故での遅れは怖かったですが)461便からのスタートにしました。

 

バスタ新宿5時発のリムジンバス。2月だけあってまだ真っ暗でした。

f:id:norimonodaisuki:20170209123411j:plain

 

ほぼ定刻の5時25分に第2ターミナル到着です。

朝のラッシュ時とは違いますがそれでもお客さん多いですね。

 

それほど時間も無いのと搭乗口が69番と案外遠かったのでラウンジは省略です。

f:id:norimonodaisuki:20170209124009j:plain

 

今回は1Kで窓側です!前回は真ん中だったので楽しみにしていたのですがあいにくの天気です。関東地方でも所々雪が降ってるし、西日本も天気悪いとのことで離陸後はしばし雲の中を飛行。

さらにというか、雲の中だからですかね?揺れます。ベルトサイン。。。消えません。

雲を抜けてもなかなかベルトサインは消えずガタガタといい感じで揺れてました。

 

ようやくベルトサインが消えたらCAさんが走り出さんばかりの勢いで動き出します。

段取り狂うんだろうなぁ。でも慣れっこでもあるのかなぁ。などと考えている内にお待ちかねのPremimuGOZENが運ばれてきました。

f:id:norimonodaisuki:20170209125100j:plainf:id:norimonodaisuki:20170209125102j:plain

 

パクパクッと食べ終える量です。もう少し若ければ物足りないのでしょうが今の自分にはちょうどいい量です。

食後には先月も頂いた黒糖アイスとコーヒー。

※この後で黒糖アイス問題に直面するのですが知るよしもなし。

 

外に目をやると、上が青い空に下が白い雲だけなのでシートを倒して軽く睡眠タイムです。

 

降下をはじめて雲が迫ってきたのですが小さく機影が(見えるかな?)

f:id:norimonodaisuki:20170209160442j:plain

 

10分強の延着ですがプレミアムクラスを堪能できたので個人的には問題ありません

f:id:norimonodaisuki:20170209160726j:plain

 

 

そして、この後はANA996便で羽田へとんぼ返りです。

 

続・今日も飛びませんが

スマホとパソコン

ApplePayの登録

※iPhone7またはiPhone7Plus用の記事です

事前に準備するもの

①AppleIDのパスワード(求められる場合があります)

②自分のiPhoneのパスコード(4桁または6桁)

③クレジットカード(裏面にセキュリティーコードのあるもの)

※セキュリティーコードはサインの欄の上に印字されている数字下3桁です

作業の流れ

全体の流れとしては以下の3つです。1と2については済んでいる人は3だけで大丈夫です。

3が本番です。3の登録は大きく4つの段階に分かれています。

途中で規約の同意などがありますがそれなりに(笑)同意して進んでください。

1,iOSのバージョンアップ

2,パスコード、指紋認証(TouchID)の登録

3,ApplePayの登録

 ①カード表面の情報を撮影して取り込み

 ②カード裏面のセキュリティーコードを手入力

 ③入力したデータをカード会社に送信

 ④カード会社から発行される認証コード(セキュリティーコード)を入力

 

まずは1番目のバージョンアップから

iPhoneiOSを最新版にバージョンアップしましょう。

※バージョンが10.1以上であればとりあえずは不要ですがセキュリティや不具合修正がされてますので極力最新版であることが望ましいです。

Wi-Fi環境でコンセントから電源を取った状態にしてください。

ホーム画面にある「設定」内の「一般」内にあるソフトウェアアップデートをタップしてください。

 

そして、2番目のパスコードとTouchIDの登録

こちらもホーム画面にある「設定」内にある「TouchIDとパスコード」をタップしてください。

パスコードを設定していない人はここでパスコードを決めてください。

標準では6桁ですが、設定途中で「パスコードオプション」を選ぶと4桁にも変更はできます。

※セキュリティーを考えると桁数は多い方が安全です。

画面の指示に従ってパスコードにする数字を2回入力したらパスコードの設定は完了です。

続いて「指紋を追加」をタップします。

登録したい指で「ホームボタン」に触れてください。このとき、押す必要はありません。あくまで触れるだけでいいです。

指に「ブルッ」と震えを感じたらホームボタンから指を離してすぐにまた触れてください。ペタペタペタという感じでしょうか。

画面では指紋を呼んでる様子が赤い線でアニメーション表示されます。

また、この時、位置をずらす必要はありません。あくまで登録する指の真ん中を同じようにペタペタしてください。

数回繰り返して読み込みが終わると次の段階に移ります。次は指の「周辺部分」を読み込みます。

その際も基本的にはペタペタペタです。グリグリ動かさないようにしてください。

指の先や左右の部分や第一関節に近いところなどを「位置を変えながら」ペタペタペタです。

画面に「完了」と出たらオーケーです。全部で5本まで登録できます。

 

いよいよ3番目のApplePayの登録

TouchIDとパスコードは決まりました。AppleIDのパスワードとクレジットカードがあればいよいよ登録です。

ホーム画面にあるWalletアプリを起動しましょう。

f:id:norimonodaisuki:20170203163425p:plain

状態によって異なりますが画面右上に「+」があればそこをタップしてください。

「コードをスキャン」とか「カードを追加」と出てくる場合はそれぞれタップしてください。この段階でAppleIDのパスワードを求められる場合があります。その際は、入力してください。

ApplePayの説明画面の右上の「次へ」をタップ

f:id:norimonodaisuki:20170203153800p:plain

カードの種類のところでは今回は「クレジット/プリペイドカード」をタップします。

f:id:norimonodaisuki:20170203153851p:plain

カメラが起動しますので指示通り枠内に収まるようにクレジットカードの表面を撮してください。この時、シャッターを押す必要はありません。

上手くいくと「カード番号」「有効期限」「名前」が自動的に読み込まれます。

カード表面が照明等の反射とかで光っていると読み込みがうまくいきません。

また、全部ではなくて一部しか読み込めないこともありますのでその際は手入力でもかまいません。

f:id:norimonodaisuki:20170203153933p:plain

その後は画面の指示に従って「次へ」などで操作をしていきます。

データがカード会社に飛ぶと対応カードか非対応カードかがチェックされます。

問題が無ければ、カードの登録が「Wallet」に登録されます。

 

※全部のクレジットカードがApplePayに対応しているわけではありません。

カード会社に問い合わせるのもいいですがとりあえず登録してみる方が早いと思います。未対応のカードについてはこの段階で対応しない旨、表示されます。

 

そして問題が無ければ、「QUICPay」か「iD」かが画面に表示されます。

 

続いて画面右上の「次へ」をタップしてください。認証コード(セキュリティコード)の通知方法の選択画面が出ます。

通知方法は2種類。「SMS(ショートメール)」か「電話」です。

簡単なのはSMSです。ショートメールで8桁の番号が送られてきます。

電話であればおそらく自動応答(やったことがないもので・・・)で8桁の番号が伝えられますのでメモのご用意を。

SMSであれば一度ホームに戻って「メッセージアプリ」を立ち上げてください。

番号を確認後にまたホームに戻り「Walletアプリ」を起動。番号を入力してください。

認証完了でめでたくApplePayが使えるようになります。

 

使ってみよう!

ApplePayで支払いをするときの手順は

1,Walletアプリを起動する

2,使うカードを選択する

3,TouchiDで指紋認証しながらリーダーにかざす

以上の3点です。

細かいことはありますがこの3つが基本です。 

それと、ApplePayとはiPhoneApple Watchで使える電子マネー(電子決済)の総称です。

実際に店頭などで支払い方法として「ApplePayで!」と言ってもダメです。

支払いの際は、「Suicaで!」or「QUICPayクイックペイ)で!」or

「iD(アイディー)で!」と店員さんに伝えてください。

 

小技を覚えておくとより便利です。iPhoneがポケットから出したとき普通なら

1,ロック解除

2,Walletアプリを起動

3,カードを選ぶ

となりますが、ホームボタンをダブルクリックしてください。一発でWalletアプリが出てきます。

あとはカードを選んで指紋認証しながらリーダーにかざすだけです。

 

かざし方にもコツが

iPhoneのApplePay用のアンテナは端末の上部にあるようです。

ペタッと背面を接触させるのではなく上部先端部分をリーダーの中央にあててください。

 

さらに今回の記事ではまだ書いていませんがSuicaを登録していて支払いにもSuicaを使いたいときには1から3は必要ありません。

店員さんにSuicaで言ってかざすだけ。

私は残高確認をしたくて案外起動することが多いのですがよりスピーディーに使うことができます。

 

最後に

細かい点はソフトのバージョンや状態によって異なることがあります。

また、もっと詳しく説明をしてくれてる立派なサイトもたくさんあります。

私がこの記事で説明したかったのは全体の流れと事前準備しておくといいもの必要です。iPhoneで何かをするときはたいていソフトが最新であること、AppleIDとパスワード、そしてパスコードが不意に求められることがあります。

予期していないとドキドキしますよね。

それと、今回の流れに関してはカードの表面をカメラで読み込む、セキュリティーコードを手入力する。認証コードを入れるという流れを把握してもらいたくて書いてみました。

iPhone7シリーズは持っている方も多いと思います。せっかく付いてる機能、使わないのはもったいないです。

 

次はSuicaの登録や利用について書いてみようかと思っています。

が、Suicaは場合分けが多いので追々と言うことで(汗)

 

今日も飛びませんが

スマホとパソコン

来週は2回目のSFC修行予定♩

空港で保安検査場や搭乗口を通るとき、皆さんはどのように通っているのでしょうか?

私はスキップサービスで、ガラケー時代はおサイフケータイをかざして通り、現在はiPhoneの画面にQRコードを表示してそれをかざして通っています。

何でおサイフケータイ機能を使わないの?

ふと、身の回りを気にしてみると電子マネーや電子クーポンが使えるところが増えてきています。

私は10年以上前にガラケーだったときから、おサイフケータイ機能を使ってSuicaEdyを使ってました。

iPhone3Gを使い始めてからはおサイフケータイが使えないことが唯一と言っていい不満点でした。そのために、iPhoneガラケーの2個持ち、途中からはAndroidスマホiPhoneの2個持ちをしていました。

単純に金銭的な損得だけで考えると、財布を持つために基本料金を払っている訳なのでまったくのアホみたいな話しですが一度使うと手放せなくなるんですよね。

と、ここまで便利だと思う私のような人もいるのですが、まったく使ってない人もいる。

何でなんでしょうか?

 

私の電子マネー経歴

私の電子マネーデビューはほとんどの方と同じSuicaだったと記憶しています。

オレンジカードイオカード(首都圏の年配の方じゃないと分からないかも・・・)からの自然な流れでSuicaが出たときに移行しました。

Suicaが登場した際は電子マネーではなくてIC乗車券って言ってましたね。

やっていることはイオカードとは変わらないのですが、チャージをすることでカードを再利用できたり、パスケースからカードを出さずにタッチアンドゴーできるあたりが新しかったです。

その後、おサイフケータイがドコモから登場した時はPHS(これも知らない人多いですかね)を使っていたり、携帯を買ったときにもソフトバンクだったりしたのでしばらくはおサイフケータイとは無縁な生活を送っていました。

いつだったかははっきり記憶していませんがEdyという電子マネーができること(すでにあったかも)とモバイルSuicaにほぼ同時期に興味を持ち、手持ちの携帯が対応するということではじめてみました。

ということで、電子マネースタートはモバイルSuicaEdyだったわけです。

初期設定で苦労

ガラケーおサイフケータイを設定するのはすごく苦労したという覚えがあります。

PCの販売などを仕事にしているので、パソコンやインターネットについては人様よりは少しはできるつもりなのですが、ろくな下調べもせずにはじめてみたらいろいろな登録が。。。番号入れろとかパスワードを決めろとか名前も住所も入れて。その前にはアプリをダウンロードしなければならないなど。。。当時はほんとに意味も分からず何も考えずやったのですが「設定めんどくさいな」しか記憶に残りませんでした。

そのときに思ったのは「これって詳しい人向けだな」ってことでした。

その後、機種変更で再び苦労することは当然知るよしもなしでした。

使い勝手は最高

そんな苦労の末に使用開始をしたのですが初期設定の大変さに比較して使い勝手は最高に良かったです。

当然のようにSuicaEdyもクレジットカードを紐付けしていますので携帯からすぐにチャージができる。

Edyはかなり以前からコンビニで使えるところが多かったので日常的に使う機会も多かったです。

多少ビビりなところもあるので、オートチャージ的な機能は未だに使っていませんが携帯が通信圏内であれば残高確認やチャージがすぐにできるわけです。

支払時も財布の中から小銭を探したりお釣りをもらったりすることがないのでとってもスピーディーです。

小さな問題としては小銭が減らないことや500円玉貯金が進まなくなることがありました。

こんな便利なのですがSuicaが一気に普及したのとは反対にEdyはぜんぜん普及しませんでしたね。どこでも気軽に使えるのはコンビニくらいでした。

電子マネーの普及(乱立?)

使える場所がなかなか増えないことに不満がたまっていた頃、ついに電子マネー普及に向けた動きが出てきました。

私の期待とはまったく別の方向に向かってですが。。。

イオンやセブン&アイ・ホールディングスが電子マネーへ参入してきたのです。

WAONnanacoの登場です。強力なポイント付与率のアップで利用者数も増えていきました。

Edyは苦戦の末にソニーから楽天に売られてしまいました。

しかし、複数の電子マネーを使うのはめんどくさい。。。。

しかも、これらはプラスチックカードです。財布の中のカードがまた増える???

イオンはまだ良心的でした。すぐにWAON以外にSuicaEdyQUICPayやiDは使えるようになりましたから。

セブンについてはnanacoが出た当時はセブンイレブンがないところに住んでいたので個人的には影響はなかったのですが、乱立することが「電子マネー、よくわからねぇ」を助長するようで批判的にみていました。

電子マネー諦めの心境に

上にも書いたとおり、私はiPhoneを日本で最初に出たiPhone3Gから使っていました。

最初の数年は、新型が出るたびにおサイフケータイが搭載されることを期待していましたが事情が分かってくるにつれて「これは無理だ。。。iPhoneに載ることはないな」と諦めの心境に達してました。

サブ機をガラケーからAndroidスマホに変え、セブンイレブンのあるところに住むようになりAndroid端末の中には モバイルSuica Edy nanaco QUICPayが収まり使い分けるようになっていました。

iPhoneNFCが搭載されたときも記事を読んで、「こりゃダメだ」と早々に諦めて2個持ち生活をしていました。

FeliCa搭載のおサイフケータイ対応の機種が減りつつあることもあって、ガラケーの人が延命のために機種変更するのと同じように、2016年にはおサイフケータイのために機種変更までしたのですが。。。。

まさかのFeliCa版ApplePay

PCだけでなくiPhoneの販売にも携わっている関係で関連ニュースはこまめに見るようにしているのですが「ApplePayが2016年後半に日本でサービスイン?」そして春頃だったか「JR東日本Suicaをグローバルケータイに対応させる(ようにがんばってる)」あたりの記事を見ても懐疑的だったのですが、2016年7月に業界では有名な携帯ジャーナリストの石川温さんの記事でにわかにiPhone7へのFeliCa搭載とSuica対応の期待が大きくなりました。

AppleによるiPhone7の発表会でSuica対応が発表されたときには会場のダダ滑り具合に関係なく久しぶりに興奮しました。

(アメリカでの発表会ですので会場の大半は日本人以外ですのでSuicaと聞いてもポカン?なわけです)

やっぱり設定は大変だった?

iPhone7に搭載された日本版ApplePay。簡単に言うと、モバイルSuicaとクレジットカードの電子マネー化でしょうか。

クレジットカードのApplePay登録は個人的には簡単でした。日本のおサイフケータイなんかよりよっぽど直感的で分かりやすいです。

(それでも、一般的なIT知識の人には煩雑でわかりにくいかな。。。)

Suicaの登録はかなりハマりました(汗)

私は、モバイルSuicaからの移行だったのですがサービス初日のサーバー落ちにあった後も上手くいかず、サポートセンターにも繋がらず「あーーー!」状態だったのですが3日目にようやくサポートセンターに電話が繋がり解決。使用開始となりました。

普通の人なら諦めてただろうと思います。

そして、現在はiPhoneのWalletアプリの中にはSuicaと3枚のクレジットカードとプリペイドカードのソフトバンクカードが登録されています。

結局、なんで使わないの?

個人的には①めんどくさい・よくわからない②なんだか不安③今困ってないし

この3つではないかと思っています。

①については如何ともしがたいところはあります。これはメーカーや販売店や決済業界全部の問題です。

メーカーは機能をつけたら終わり、販売店は売れたら終わり、決済業界はサービスを提供するだけ。

ユーザーに使ってもらうにはどうしたらいいかの視点が少ないです。

それと、ユーザーの不勉強もあると思います。新しい便利な道具をみても興味を示さない。勉強もしない。

ApplePayは従来のおサイフケータイに比較すると導入はかなり簡単になっていると思います。利便性や安全性を考えると使わないはやっぱりもったいない。

ただ、勉強したくてもわかりにくいのも事実です。できれば、続きの記事で少しでも分かりやすく使ってみたくなるような記事を書きたいと思います。

 

 

モバイルバッテリーのこと

今回は、SFC修行を少し離れてみます。

先日、私用で上京しました。
今回は往復ともにバス。往路は夜行便で帰りは昼行便でした。
今はバスでも各座席に充電用のコンセントが付いてるんですね。
最近は、新幹線をはじめとした電車や街中の飲食店でも充電ができるところが増えてきました。飛行機でも充電用のUSB端子が付いてる機種もあるんですよね。
スマホ依存の私としては嬉しい限りです。
それでも、スマホの充電が無くなって困ることってありますね。

そこで出てくるのがモバイルバッテリー

スマホが普及をしてingressやポケモンGOの影響でモバイルバッテリーも一般的になってきました。
しかし、選び方がわからないって方も多いのではないでしょうか。
よくわからないからって値段が安い高いだけで選んでみたり、見た目や大きさのみで買ってませんか?

次の3つをポイントにすると、今までよくわからないで選んでいたのがスッキリと選びやすくなります。

①電池容量
そのまま電池の容量です。ペットボトルで言えば何リットル?ってことです。
これはパッケージ等の仕様欄には「mAh」と書かれています。
難しいことはとりあえず考えないでください。問題は自分のスマホタブレットの充電池が何「mAh」かが問題です。
バイルバッテリーのパッケージに「2回分」などと書かれていることが多いですが、モバイルバッテリーの電池容量が3600mAhだとすると1800mAhのスマホに充電する場合を例にしています。

1800x2=3600

単純な算数です。
実際はロスが出たりするのでこの例だと2回きっちり充電することはできませんが目安となります。

大事なこととしては自分が充電したい機器の電池容量がいくらなのかということです。
わたしが使っているiPhoneiPadを例にするとこんな感じです。
Appleは電池容量は公式には開示していませんので違っていたらごめんなさい)

iPhone6   1,810mAh
iPhone6s 1,715mAh
iPhone7   1,735mAh
iPad Air    8,756mAh
iPad Air2  7,340mAh

バッテリーは同じ素材を使っていると、原則として容量を2倍にしたければ大きさを増やすしかありません。

体積や重量が2倍になるということです。
制御用の基盤の小型化などの要素はあるので過去の製品と比較すると小型軽量化が計られてはいますが、水1Lの体積や重さははどんな形にしても変わらないのと同じように考えてください。

スマホをなかなか充電できないシチュエーションで、カメラやGPSを多用する地図アプリなどをガンガン使うようなタフな使い方をする場合は少々大きく重くても大容量のものを用意しなければいけません。

反対に、全然使えないのは困るけど1、2時間分だけ充電できればいいという人は小型軽量の製品を用意すればいいわけです。

②出力
容量以外で気にしたいこと、それがバッテリの出力です。仕様書には「USB出力」や「出力電流」などと書かれています。
これは電気を送り出す量のことです。
この数値が低いと充電に時間がかかります。通信しながら充電していたりすると、電力消費のほうが大きくて充電しているつもりなのに電池が減っていくなんてこともあり得ます。

一般的には1つのUSB端子で1Aから2.4Aくらいです。

ただし、注意点もあります。
基本的に大出力で充電をするとバッテリーの劣化が早くなると言われています。
充電電池は繰り返し充電などでだんだんと性能劣化していきますが大出力での充電もバッテリには優しくありません。
また、そもそもメーカーは付属の充電器や充電ケーブル以外は保証していません。
iPhoneには以前から1Aの充電器が付属してますがiPadには2.1Aの充電器が付属しています。
個人的には2Aのものを使ってiPhoneを壊したり火を吹かせたりしたことはありませんが知っておく必要はあります。


③充電時間
そして最後にモバイルバッテリー自体への充電時間。どんなに大容量でも満充電までに2日間かかりますでは使えないですよね。

まずは最近のモバイルバッテリーはほとんどが充電用にmicro-USB端子があります。
最初の問題はこの端子の入力アンペア数です。ここも1より2Aのほうがいいわけです。
まれに出力は2A対応なのに入力が1Aなんていう製品がありますがこういうのはちょっと困りますね。
そしてもうひとつはどこから充電するかです。
付属の専用ケーブルなどで壁のコンセントから直接充電するなら問題はありません。製品パッケージや仕様書に書かれている時間を目安にすれば大丈夫です。
もし、他のパソコンのUSB端子などから充電する場合は上記②の内容が問題になります。
パソコンのUSB端子は出力が0.5Aくらいです。2Aの入力に対応している製品なら許量量の4分の1しか電気が流れてきません。大容量のバッテリーを充電するには不向きだったりします。


上の3点を踏まえればあとは予算やバッテリの形なんかで選んで問題ありません。

個人的に持っていて重宝しているのがPanasonicの「QE-QL301-W」という製品です。

USBモバイル電源 QE-QL301 商品概要 | USBモバイル電源 | Panasonic

生産終了してしまっています。
デカイのですが買った当時は圧倒的な薄型だったのです。何度もタブレットに見間違われていますがそのくらい薄いです。
その外見をいかして、現在も、タブレットケースに一緒に入れて持ち運んでいます。
それでも、最近は10,000mAhくらいでかなり小型軽量化されたものも出てきているので買い替えを検討しています。

 

最後に、飛行機に乗る際はモバイルバッテリーに多く使われているリチウムイオン電池は手荷物としてのみ機内持ち込みが許されています。

要するに預け入れ禁止です。

詳しくはこちらを

JAL企業情報 - お客さまへのお願い おあずけ・機内へのお持込に制限がある手荷物について(安全への取り組み)